先輩からのメッセージ

未経験からチーム医療に欠かせない
存在へ。
はじめの一歩を踏み出す勇気が私を
変えた。

看護補助者 K・S

2016年入職
環境学を専攻した大学を卒業後、環境調査会社での現地調査員、造園会社での営業職を経験。その後、医療現場で働くことを志し医療事務の資格を取得。都内の病院で約6年間勤務。一度医療の現場を離れるも2016年、看護補助者として当院へ入職し、現在に至る。

医療を離れて、自分の本当の気持ちに気づいた。

 私が初めて医療の現場と接点をもったのは、医療事務として都内の病院で働いた時でした。それまでは全く異業種の仕事をしましたが、「これからは手に職をつけて安定した仕事を長く続けたい」と思い、医療事務の資格を取得。医療機関で働くことを決めました。その後、いったん医療の現場から離れることを選びましたが、その時気づいたのは、「困っている人のそばで自分がもっと手助けをできる仕事がしたい」という思いでした。再び医療の現場に戻り、今度は看護補助者としてより患者さんに寄り添って働く決心をしたのです。現在、当院の整形外科病棟(急性期)で勤務し、慌ただしく忙しい毎日を過ごしていますが、患者さんからいただく感謝の言葉を大きなやりがいと感じながら、働けています。

 

未経験のスタッフが着実に成長できる土壌がある。

 現在勤務する整形外科病棟での仕事内容は、患者さんの身の回りのお世話を中心に、備品や医療器具のチェック、また看護師のサポート業務など。月に4〜5回ある夜勤では、患者さんのおむつ交換や食事の介助も担当します。整形外科病棟では9名の看護補助者が活躍しており、経験豊かなスタッフが揃っています。中には化粧品メーカーから全くの未経験で当院に転職してきたスタッフもおり、そんなスタッフとも協力し、連携をとりながら業務に取り組んでいます。私自身も看護補助者は未経験で当院に入職しましたが、先輩スタッフの丁寧で的確な指導のおかげで、業務に必要な知識や技術は着実に身につけることができました。これから入職される方も、安心して学び働ける環境は整っていると思います。

 

先んじて察することが患者さんの満足につながる。

 入職してまだ日の浅かった頃、私は業務に必要な知識や技術を身につけることで毎日が一生懸命でした。そんな時、入浴介助をさせていただいた患者さんから「髪の毛の洗い方が上手ね」という感謝の言葉をいただけました。入職して1年にも満たない私がもらえたその言葉は、この仕事を続けていく上で本当に励みになりました。この経験から学んだのは、患者さんの表情や目線を見て、やってほしいことや希望されていることを先んじて察することの大切さ。患者さんによっては、本当にしてもらいことをなかなか自分から言い出せない方もいます。私たちが察することが、患者さんの満足につながるのだと思います。

 

未経験で入職して今は頼りにされる先輩たちがいる。

 私が勤務する整形外科病棟の先輩スタッフは、本当に経験も豊富で技術も確かな人ばかり。患者さんからも当院の看護師からも、信頼が厚いです。その中には、私のように未経験から入職し、現場で活躍することで頼りにされるようになった先輩も数多くいます。看護補助者として、私自身が将来描く理想と重なるスタッフと一緒に日々働けることはとても光栄ですし、勉強になることばかりです。仕事の進め方や患者さんへの接し方など、もっと改善しなければならない私自身の課題もありますが、日々の業務から一つでも多くのことを学んで吸収し、チーム医療の一員としてより貢献できる存在に成長していきたいと思っています。当院で働くことには、自分自身が必要とされる喜びがあるのですから。
 

交通アクセス

〒332-0031
埼玉県 川口市 青木 1-18-15

・埼玉高速鉄道「川口元郷」駅から2番出口より出て徒歩約5分~10分
・JR京浜東北線「川口」駅の東口ロータリーを出て「川口駅東口」バス停11,12,14よりバス(→系統番号はこちら)に乗車し約7分。「川口工業総合病院」停留所にて下車。
・川口駅から徒歩では約17分ほど。

お電話でのお問い合わせ

048-252-4873

人事担当